留食日記ときどき留学日記


by alps25
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
遅くなりました。
無事、帰国しました。
成田空港から東京の新居に直行したものの、
引っ越し1日目でクーラーの故障に見舞われ、
急きょ、実家に帰省しています。

本当は写真をブログにアップしたいのですが、
実家のパソの使い勝手がわからず、
写真の取り込みができません。

しばらくしたら、アップしたいと思います。

それにしても猛暑ですね。
外ではヒトもネコもイヌも見かけません。
トロントの涼しさが恋しいです…笑。

今回は、時差ボケを克服するチャンスをはずして
しまったのか、
いまだに夜6時から朝の6時まで
眠りこくっている毎日です。

留学前そして留学中、
応援してくださった方々、
ほんとうにありがとうございました。

近いうちにまた目の前に
現れると思いますので、
相手をしてやってください。

ではでは♪
[PR]
# by alps25 | 2008-08-07 10:17

トロントありがとう

b0116107_143911100.jpg

明日、帰国します。
ここ2週間は非常にドタバタしてしまいました。

また帰国後に、その報告をさせてください。

今はようやくお部屋のお掃除とパッキングを終えたところです。
もうしばらくしたら、眠り、
そして空港に向かいます。

トロントは涼しいので、
日本の猛暑をイメトレして心と身体の準備中です。

ではSee you!


*写真は一昨日くらいに夜に行ってきたビーチです。
[PR]
# by alps25 | 2008-07-31 14:52

2週間前

b0116107_14241949.jpg

写真は先日訪れたタイ+日本+中国+韓国のフュージョン料理を
提供しているnature というレストラン。
どの素材もその新鮮さに驚きました。
トロントのどのレストランで食べた野菜よりも
新鮮だった。野菜が輝いてみえた。

今日で、帰国まで2週間になりました。
この頃は、月日の過ぎ行くのが早く、
何かやり残したことはないだろうか、
何か食べ忘れたものはないだろうか、と
月並みな考えですが、
何度も反芻する日々です。

今日よりまたストーブが背中にあたっているような
猛暑に戻りました。


お昼:ダブルチーズバーガー+フライドポテト(マック)
夜:スパゲティ(トマトガーリック)
*久しぶりの自炊
[PR]
# by alps25 | 2008-07-17 14:24

ロックンロォル♪

今、カナダの子どもたちは夏休み中に入り、
オンキャンパスにも、
連日、トロ大主催の夏の学童キャンプに参加している
子どもたちで大賑わいです。
で、彼らの集合していた芝生の横を通りすぎようとしていたとき、
彼らは道路に向かってこうさけびました。
「ロックンロール!ロックンロール!」
すると道路を走りさる(または信号待ちの)車が
「ブーッ」と鳴らし呼応ます。すると、子どもたちは
「イェー!」
このノリ(遊び心)は北米ですね。ほほえましい。

夕食は久しぶりに中華街へ。
豚赤おかゆを食べる予定でしたが、
直前にきて、やはり気持ちの上でgive up.
というわけで、次に友人オススメの
土鍋ライスwith pork and vegetable.
b0116107_13321721.jpg

おこげライスの上に、みじん切りのたまねぎと細かくきざんだしょうがを
砂糖醤油で炒めたようなフライがのっていました。
あと中華ではお決まりの空菜とも。
落ち着いた味で、おいしかった。
そしてこれは自分の好みで、spicy fried noodle with shrimp and ham(?)
b0116107_13504686.jpg

細めんで軽くてスルスル食べやすいのでついつい食べ過ぎてしまいました。
あと写真はとりませんでしたが、私の好きな一品。
豆腐の黒豆ソース(ねぎも含まれている)がけ。
b0116107_13361184.jpg

これは初挑戦の、ライチー(ジュース)
なんと、ライチがこれでもかってぐらい入っていて、
その上に、透明の赤いジュース(ポップ)と氷。
はじめに飲んだときには、アマッと思いましたが、
飲んでくると慣れてきました。(コワッ)
このごろは、ダイエットをしていたためか、
気づけばお腹がはちきれんばかりになっていました。
やはり中華は自分でセーブしないと食べすぎてしまいますね。
それでも全部は食べれませんでした。
でも、3ヶ月前までは、これを全部平らげ、
それでも足りずに何かをプラスという
状態だったのに、いやぁ、胃の大きさは
フレキシブルなものです。
帰り道、一人夜空を見上げると、
幻想的な光の輪に包まれたお月さま♪
b0116107_13405748.jpg


+メモ+
昼:マルゲリータピザ
一昨日よりセミが鳴き始めました。(でもいつも一匹の鳴き声のみ)
ビーという鳴き声です。
ただ一昨日より秋のような涼しさです。
[PR]
# by alps25 | 2008-07-16 13:47

芝生上のサーカス

b0116107_13161272.jpg

見事です。
このリスくんは、
逆さのままナッツを食べています。
私は校舎の中庭のベンチでくつろいでいたのですが、
ひたすら1時間くらいにわたって、
サーカスなみの芸当を披露してくれていました。
確信犯だと思ふ。
ムササビジャンプの格好で木にへばりついたり。
ナッツを急いで食べていたらハトが近づき
びっくりしてナッツをおとしてしまい、
探しまくってたりとか。
ジャンプの仕方も、元気がありすぎて、
観ていて、何度笑ったことか。
彼(彼女?)はコメディアンに違いありません。
笑いをありがとう。
b0116107_13205123.jpg

今宵の月もまた見事なまぶしさ。
神々しい…。

お昼:サーモンサンドイッチ
夜:春巻き(帰国を前にして、おいしいお店を発見。先週より引き続き食べています。)
でも4本のみの夕食なので、一応ダイエット系。

明日は友人の薦め(日本に帰る前に絶対食べて欲しい一品)
により、チャレンジしてきます。
その名も、豚赤おかゆ。。。
豚の血をゼリー状にしたものをおかゆに混ぜてあるらしい。
友人はプリンみたいと言っていた。
[PR]
# by alps25 | 2008-07-15 13:24

この頃のトロント


夕焼けがまたきれいに映える時期になりました。
夜の10時くらいまではだいたい明るいです。

それにしてもトロントにきてから、
お昼寝が日課になりつつあります。

ただ病的な眠気で、「あぁ起きていられない…」
とそのままベッドに横になり、
2時間か3時間くらいして起きるのですが、
全身が重くて、たいへん。

他のレジデンツも同じような悩みを抱えており、
やはり気象の影響を直にうけるような土地なのかもしれないね、
と話していました。

不思議です。起きていたいのに、
大気に負けるような感覚を覚えます。

気温の方ですが、朝と夜は涼しいです。
日中は、暖房を背中に抱えるているような
熱射を感じます。
そしてウェットでもあります。
真冬の雪が恋しいです。
たとえ猛吹雪でも…
耐える喜びみたいなものを個人的に冬の寒さに感じますが、
夏の暑さにはギブアップしてしまいます。
b0116107_13225327.jpg

[PR]
# by alps25 | 2008-07-11 13:20

マンドゥバー 

b0116107_12495672.jpg
b0116107_1250355.jpg
b0116107_1251932.jpg
b0116107_12543986.jpg

ニューヨーク滞在中に行ったマンドゥバーについて。
コリアンタウン内にあります。
コリアンタウンはとある一角にどちらかというとこじんまりとたたずんでいるのですが、
熱気はすごいです。どのお店も大盛況。
デリのお店もデザートのお店もあります。
コリアンタウンは多くの(同じ世代の)コリアンアメリカンを見かけましたが、
みな流暢な英語を話しているのが印象的でした。
1.5から2世代なのでしょう。
トロントのコリアンタウンもまたコリアンカナディアンを多く見かけますが、
彼らの多くはどちらかというとタウン内では韓国語を話します。
マンドゥバーはマンドゥ専門店です。
キムチマンドゥ、フライドマンドゥ、ベイビーマンドゥとドルソットビビンバを注文。
あとコリアンを食べるときはなぜかスプライトはかかせません。
ビビンバは久しぶりにナマたまごがのっていて嬉しかった。
トロントでは新鮮なたまごが手に入りにくいため、
どのお店も目玉焼きにして出してきます。
日本で食べる美味しいビビンバと同じ味で、大満足。
マンドゥは韓国の餃子ですが、トロントではあまり見かけません。
日本の形と同じ餃子がでてきます。
けれど、このマンドゥ、食感はショーロンポーに似ていて、
中国のホワイト餃子より食べやすいのです。
おそらく日本の餃子に味は似ている。
キムチマンドゥはキムチの甘辛さが肉汁全般に染み渡っていて、
食べたーという気になります。
今度ニューヨークに行った際には、
是非ともまた訪れたい場所です。
[PR]
# by alps25 | 2008-07-11 13:02

アフリカざんまい

先週末から始まった寮内お引越し、今日でようやくほぼ終えました。
今日のトロントは炎天下で、リトルイタリーのお祭りに向かうも、
あまりの熱射で途中でリタイア。
レジデンスに戻り、近所のクィーンズパークのアフリカ祭り?
に行ってきました。
b0116107_1143493.jpg

昨日から2日間に渡って、途切れることなく続く
アフリカの民族音楽。アフリカ系カナダ人の方が
大勢あつまっていました。
なんといってもアフリカ料理の屋台が個人的祭り醍醐味。
b0116107_11453388.jpg

これはチキンカレー。1100円。
でも味はインド系カレーとは違います。
スパイスが違います。どちらかというと甘辛い味でした。マイウー。
付け合せのコールスローもおいしい。
b0116107_11465916.jpg

old style のレモネードとアフリカ風ドーナツと揚げバナナ。両者とも300円。
レモネードはあまりにおいしいので2杯も飲みました。
ドーナツは中がもっちりしていました。
揚げバナナは酸味がかっていました。
b0116107_1149277.jpg

音楽を聴きながら、周りでアフリカの子どもたちが遊んでいて、
芝生の上で無造作に、アフリカ料理を食す。
今日はアフリカを少しだけ体験したような気分です。
[PR]
# by alps25 | 2008-07-07 11:55
ニューヨークに着いて1日目の夕方に
前回紹介したハンバーガーを食べたわけですが、
その夜には、デザートバーであるkyotohu に行ってきました。
デザートバーはその多くがリトルイタリーにあって、
ダウンタウンから比較的遠いのですが、
このkyotohu はダウンタウンに位置します。
滞在先のホテルから一直線で行けるということで選びました。
が、たどり着くまでには目新しいショップが。。。
b0116107_1436234.jpg
b0116107_14364429.jpg

これはM&M のショップ。いろんな種類の味があり、見てるだけでも楽しい。
抹茶味も発見。
b0116107_14375670.jpg

お迎えには、ハーシー(チョコレート)のショップ。
なんだか昔の竹下通り(いろんな専門ショップがあったころ)を歩いているような気分に
なります。
そこを通り過ぎて、少し治安の悪そうな通りを小走りにつっきると、(これは予想外だった)
kyotohu の通りにでました。
和と洋の融合がコンセプト(だったと思う)のデザートバー。
b0116107_1440524.jpg
b0116107_1441918.jpg
b0116107_14412423.jpg
b0116107_14413814.jpg
b0116107_14415471.jpg
b0116107_14421426.jpg

デザートのコースと、単品でゆずパフェとごま豆腐(蜜かけ)を注文。
どれも味がだぶらず見事です。
ゆずでの味つけが目立ちましたが、
ゆず嫌いの私でもペロリと食べれてしまうほど、材料の好き嫌いをも
超えるほど、超越した美味。
また盛り付けもオシャレなので、鑑賞しながらテイスティングができる。
一緒に行った友人は、日本のデザートが始めてだったのですが、
あまりの感動のあまり、(もちろん柚子もはじめてらしい)
話しかけても返事をもらえないほど、集中して食べていました。
周りはニューヨーカーでいっぱい。
ヘルシーアンドデリシャスともなれば、人気になりますよね、そりゃ~。
ニューヨークでも日本食ブームやはり健在でした。
b0116107_14504162.jpg

気を良くした私たちは帰りみちに、
先ほどのm&m 端向かいにあるポップコーンやさんへ。
ちなみに、m&m は11 時過ぎてもまだやっていました。
タイムズスクエアの通りに位置するのですが、東京並みに眠らない。
ヒト・ヒト・ヒト。
ポップコーンは、スパイシーペッパーバーベキュー。
軽くて小さいポップコーン。味付けのスパイシーにハマりました。
ちなみに、このサイズでハーフというのだから、びっくりです。
[PR]
# by alps25 | 2008-07-06 14:55
旅行本でもおなじみの、サラベスキッチンに行ってきました。
ダウンタウン内に幾つもの店舗を持つサラベスですが、
おしゃれでかわいい造りのお店に行きたいね(場所によってちがう)
ということで、セントラルパークを超えた東に位置するサラベスへ。
b0116107_1414815.jpg

b0116107_14143565.jpg
b0116107_14153059.jpg
b0116107_14171785.jpg

チーズオムレツとパンプキンマフィンのセット。
ストロベリーホットケーキ。
チキン+アップル入りソーセージ。
サラベス風フライドポテト。
オムレツのおいしいこと。
ふっくらとした新鮮な卵を食べたのは約1年ぶりですね。ジャムも
オムレツにマッチするほど濃厚。
ホットケーキはフカフカ。(説明が俗っぽくてすみません、笑)
フライドポテトは上に、赤・緑・黄色のピーマンの炒めたものを
のせてある。
どれも素材の良さで、上品な味をだしていました。
また行きたい。
じっさい、最終日にようやくサラベスにいけたのですが、
今度きたさいには毎日通ってもいいと思ったほど、
お店の雰囲気も含めて、気に入りました。
気持ちのよい一日を開くにはもってこいの朝食(以外にもランチもディナーもあり)
レストランです。
[PR]
# by alps25 | 2008-07-06 14:24

カナダ国民の日

b0116107_12353269.jpg

朝から近所の公園であるクイーンズパークで
大砲が鳴り、お祭りさわぎです。
みんなでカナディアンでいることに誇りを感じる一日です。
フリスピーや2つの国旗(メイプルが描かれた現国旗とイギリス連邦時代の旧国旗)
が配られ、顔にペイントしたり、戦争時代のカナダの勇姿を学んだり、
イベントは自衛隊の方々やその他ボラネィアの方々によって執り行われます。
非常に暑い一日でしたが、多くの人がクイーンズパークに来て、
イベントに参加していました。
愛国心といっても、自分の国も楽しいね、的なノリで、
日本でこういう催しをすると
右翼だとか言われたり、謹賀新年の皇居の催し以外で
旗とかふってる映像がテレビに流れたら、
近隣諸国から苦情がきたりするのかな。

昨日はプライドパレードというゲイ・レズビアン・トランスジェンダーの方達の
パレードを観てきました。
非常に陽気で、そこにいるすべての人たちの解放感を肌で感じる
エネルギッシュなパレードでした。
私は見逃しましたが、裸のゲイの方達もいらっしゃったようです。
b0116107_12584375.jpg

写真は、トロントの小学校の先生たちがラップ調で歌っている写真。
「こういう先生ほしくな~い♪?」
「ほしーい!(イェー)」(これは見物客の呼応)

トロントで見かける同性愛カップルは本当に多いのですが、
トランスジェンダーの問題よりも、
トレンドとしての同性愛の方が多い気がします。
たまたま好きになった相手が同性で、という具合に、
、あらゆる枠からの解放というのか、
だから実際にはバイセクシャルの方も多いようです。
見物人の年齢層は幅広くて、
家族連れも多くいました。
同性愛の方たちは胸をはってどうどうと
プライドを見せていて、
見物客(の中にも同性愛の方たちもいた)
もそれへの応援を声にだして表現します。
同性愛のカップルの養育を訴える一団も
パレードに参列していました。
パトカーや救急車や教育系や銀行系も。
[PR]
# by alps25 | 2008-07-02 13:16
b0116107_1231958.jpg
b0116107_1233482.jpg

オシャレなフランスからやってきたホテル、ル・パーカーメリディアンホテル内の
一角に隠れ家的に存在するハンバーガー屋、バーガージョイントに行ってきました。
ここは、今NYでもっとも人気のあるハンバーガー屋「シェイクシャック」のモデルに
なったとも言われるお店で、知る人ぞ知る隠れた名店なのです。
http://www.parkermeridien.com/eat4.php
まずは大理石で覆われた高級ホテル内を歩いてみても、
それらしきお店は見あたらず、立ち往生しているとホテルマンが
手で「こちらです」という具合に合図を送っている。
そちらの方向を見てみると、
小さい通路の向こうに、小さなハンバーガーのネオンサイン。
ホテルマンさんに、「なぜハンバーガー屋を目指しているとわかったのですか」
と聞いたら、「そのために僕はここにいるんです」とのお返事。
カーテンをめくってみると、
先ほどのホテルのロビーとはまったく異なるキューバ系?南米系な趣のお店。
バーガーメニューは2品。
ハンバーガーかチーズバーガーのみ。
こだわっています。
自分はミディアムウェルでの焼き加減を注文。
大きな鉄板で陽気に手際よく作られていきます。
食べてみての感想。
「参りました」
お肉は少し焦げたくらいでジューシー。
でもニクニクしくなくて、ペロリと簡単に食べられます。
パンはほんのり甘くて、
それがお肉のこおばしさとマッチしてグー。
NYについて最初に食べた(夕方頃)のがこれだったので、
他のハンバーガーは食べれませんでした。
なんだか、余韻を残しておきたくてというのか、
自分の中で、これがハンバーガーなのだと定義づけて
しまいたくて。笑。
[PR]
# by alps25 | 2008-07-01 12:25

NY ポーターについて

去年から運行を開始したばかりの
ポーターエアラインを利用し、
トロントシティエアポートからニューアーク国際空港へ。
ポーターエアラインは近距離運行で成功を収めた
(安い、早い、快適)会社です。
所有機種はすべてボンバルディアQ400 。
高知空港の胴体着陸で有名になった最新鋭プロペラ機。
b0116107_13153982.jpg

トロントシティエアポートは快晴でした。
1時間30分前にチェックインし、搭乗者全員が使えるラウンジで
のんびりくつろぎます。このラウンジ利用はポーターの売りの一つ。
b0116107_13171162.jpg
b0116107_13172636.jpg

軽いおつまみとホット&コールドドリンクはもちろんフリーサービス。
いよいよ離陸。
b0116107_1319557.jpg

事前にいろいろとポーターのというか
ボンバルディアQ400の評判を調べたものの、
圧倒的にマイナスな評判が多かった。(ネット上では、とくに日本国内では)
他の航空会社(どこか忘れたけど大手)はこの夏でボンバルとの
契約を打ち切るとか、でも一方でカンタスは導入を決定だとか。
ポーターに関しては、まだカナダ国内でもあまり知られておらず
(カナダの航空会社ですが)主に、ビジネスマンが利用している程度。
ただ胴体着陸や故障の多さに関して、最終的に裁判ではボンバルディア側の
シロが判明したばかり。
(一連の原因は整備不良で機種自体が悪いわけではないというもの)
あと、どの空港もボンバルディアQ400 に関するアクシデントは周知しているので、
(もっとも多いのが着陸前にタイヤがでなくて胴体着陸)
いざというときのスタンバイは完璧だとか。
というわけで少しナーバスになりつつも搭乗。
b0116107_13264367.jpg

離陸直前の写真です。
b0116107_13271264.jpg

トロントの街を見下ろします。
そしてしばらくすると
1時間30分のフライトなのに、
ランチボックスが配られました。
b0116107_1328342.jpg

b0116107_13282385.jpg

b0116107_13283947.jpg

ポーターのマスコットであるアライグマデザインの
キュートな空弁。
ハムサンドイッチとチーズとトーストクラッカーとチョコクッキー。
きめ細かな心配りを感じさせます。
味もとてもおいしかった。クオリティの高いヘルシー弁当。
ただ、着陸態勢をとってからが怖かった。
小型飛行機(70人のり)のためか、
揺れをより直接感じた。
しかもタイヤが地面に降りたというより
落ちた感。
ものすごい衝撃に、一同のどよめき。
けれど、実は帰りの便では、
テイクオフもランディングも
ナチュラルで
おまけに、遊覧飛行並みのサービス。
左回転や右回転など。
なので、ポーターの機種自体はやはり問題なく、
パイロットの腕次第なのだろうと個人的には感じた。
まぁ搭乗が3時間以上遅れて、しかも目的地がダウンタウンから
遠いピアソンに変更になるなど、
(トロントについたのが夜中の12時すぎ1時近く)
(レジデンスについたのは夜中の2時)
不便はありましたが、これは悪天候のせいらしく、
しょうがありません。
しかも搭乗してから前の飛行機が詰まってて、
45分以上プロペラを回したまま飛び立てなかった。
室内はなぜか暖房?エンジンで砂漠のような暑さになり、
いそいでお水至急。
みんな離陸前にぐったり。
b0116107_13355531.jpg

帰りの便では、ソニプラでも確か売られている
クオリティ重視の野菜チップスが配られた。やはりヘルシー嗜好。
総合して感想をいうなれば、
何もなければ非常に快適な空の旅だと思います。
おつかれさま。
[PR]
# by alps25 | 2008-06-30 13:40

NY

明日より3泊4日でニューヨークに行ってきます。
旅のコンセプトは 華+食 かな。
またブログに書きます。
[PR]
# by alps25 | 2008-06-24 13:40

リトルイタリー

梅雨入りしたトロント。
今日の空も青空と雷雲の入れ替わりで忙しい。
夜に、リトルイタリーに行き、どのお店に入ろうか
迷っていたときに、ドシャブリと強風と雷。
父の日ということもあって、
リトリイタリーはお祭りで屋台もいっぱいでてたのだけど
屋台のテントが吹き飛ばされるは、いろんなものが飛ぶは
―竜巻みたい―
近くの銀行の玄関で雨宿りしたのだけど
(そこに走りついたら、先に雨宿りしていた警官から、
もう満員でーすってブラックジョークを聞いた。)
それでどうにか雨が軽くなったときに
希望のレストランを見つけて、入る。
b0116107_14393566.jpg

b0116107_14395879.jpg

まずはシーザーサラダから。
ここのお店はいつも接客がよくて(イタリアンな陽気さでいっぱい)
サラダにペッパーをこれでもかってぐらいにかけてもらう。
(いじめに近いけどいじめじゃない)
で、スパイシーシーザーサラダの出来上がり。
b0116107_1441326.jpg
b0116107_14414875.jpg

マルゲリータピザ(ほんとうに美味しい。
生地が味があって軽くて、(クリスピー)バジルとトマトの濃くもある。
チーズはしつこくない。
パスタはボロネーゼ+イタリアンソーセージ。
ボロネーゼ。しっかりと嫌味じゃないお肉の味でパスタ全体が
ひきしまってる。
b0116107_1456796.jpg

帰り道、道のあちこちで
雨にぬれながら躍りだす人たち。
いろんなお店から弾き語りが聞こえてくる。
ホントに陽気な街。
やっぱりイタリアっていいなぁ。
帰り道、おっきくておしゃれな傘をさしてあるくおじいさんを発見♪
b0116107_1458199.jpg

[PR]
# by alps25 | 2008-06-16 14:58